小腹がすいた時に気兼ねなく食べられるおやつ、ゆで小豆入りヨーグルト。

おやつを食べている時間は、気持ちも豊かになりますね。

 

ちょこっと食べて満足できるのが理想ですが、時々小腹がすいていて、たくさんおやつを食べたい時があります。

 

とはいえ、健康にも気を付けたいし、砂糖断ちもしているし…

お腹がしっかり満足たされる、なるべくヘルシーな、砂糖不使用のおやつが食べたい

こんな時が時々あります。

 

 

そんな時によく食べているのが、ゆで小豆(砂糖不使用)をトッピングしたヨーグルトです。

 

ゆで小豆を入れることで、食べ応えが増して、食べた後の満足感がアップします。

 

小腹が減っているおやつ時間にはもちろん、軽く済ませたい昼食や、夜食にも向いていると思っています。

作り方は簡単

作り方にコツはありません。

 

ヨーグルトに、好きな量のゆで小豆をのっけるだけです!

簡単!

 

私は砂糖断ちをしているので、砂糖不使用のゆで小豆を入れています。

 

甘さは、オリゴ糖で足しています

(私の砂糖断ちの目的は虫歯予防。オリゴ糖は虫歯になりにくいので、オリゴ糖は摂取しています)

 

 

がっつり食べたい時は、ヨーグルトとゆで小豆、1:1 の割合で食べることもあります。

小豆とヨーグルトはいい組み合わせ

小豆には、「レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)」が含まれているそうです。

 

レジスタントスターチには、

食べても消化吸収されず、便の量を増やして腸のぜんどう運動を活発に。腸内細菌のエサになったり、便に水分を与えて出しやすくしたりといった働きもあります。

こんな効果があるそうです。
そのため、乳酸菌やビフィズス菌の入ったヨーグルトとの組合せは、なかなかいいみたい。

あんこ+ヨーグルト。あんこの小豆に含まれるレジスタントスターチが腸内の善玉菌のエサになり、乳酸菌やビフィズス菌との相乗効果が生まれます。

そんな効果もうれしいなと思って食べています。
ゆで小豆は、砂糖不使用のものを選んで買っています。
近所のスーパーでは、取り扱いのないところも多々あります(砂糖入りばかり)
取扱いのあるスーパーまで行って買ったり、大容量買っておきたい時はネットで購入します。
ゆで小豆は、ヨーグルトにトッピングする以外にも、豆サラダとかにも使えるので、けっこう重宝しています。

食べ応えをUPさせたい時

水切りヨーグルトを使う

ヨーグルトを水切りヨーグルトにすると、ヨーグルトがもったりと濃厚になり、ゆで小豆と合わさって食べ応えがさらに増します。

 

私の中では、ごちそうヨーグルトです!

水切りヨーグルトは簡単にできるので、よくやっています。

フレーク系を追加する

食べ応えをさらに増したい時は、フレーク系を入れます。

 

ゆで小豆プラス、もち麦フレークも入れてみました。

器もカップにして、層にしたりして…!

ちょっとしたパフェ風です!

 

もち麦フレークは、サクサクというより、ぎゅむぎゅむ、っという感じの食べ応え。

 

よく噛むので、それも満足感につながっていいのかも。

 

こんなおやつを休日に家で食べると、心がほっとして、生き返るような気持ちになります。

 

うう…おやつ時間、大事だなぁ。

お腹も心も元気にしたい。

おやつを食べている時の豊かな時間。

 

そんな時間で、心の元気が取り戻せる時もあります。

 

だから、おやつを我慢するのではなく、食べるおやつを選んで楽しく過ごしたい。

 

ヘルシーおやつなら体にもうれしいし、お腹もいい感じに満たされるなら、なおうれしい。

 

そんな豊かな時間を、ゆで小豆入りのヨーグルトで過ごしたいと思います。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事