「ダメな自分が嫌になる」「自分はダメだ」と自分にダメ出ししている方に伝えたいこと。

自分はダメだと思うこと、しんどいことですよね。

 

私は小さい頃からそう思うことが多かったです。

 

色んな場面で自分を責めていました。

 

今でも時々自分を責めてしまいます。

 

自分に絶望したくなる時もあります。

 

なんとかがんばって生きています。

 

 

でも、自分を責め続ける中で、気付きもありました。

 

それにより、責める頻度が前よりは少なくなってきました。

 

もし「自分はダメだ」と思ってしまいやすい方がいたら伝えたいことがあり、この記事を書きました。

 

 

「自分はダメではない」と自分に言ってあげてください。 

自分をダメだと思ってしまう理由は人それぞれだ思います。

 

でも、どんな自分でもダメじゃないんです。

 

だから

自分はダメじゃない。

と、自分に言い続けてみて下さい。

 

少しずつでいいです。

 

続けてみてください。

 

特に変わったことでなくてすみません。

 

長年責め続けて思いますが、これが最も大事だと思っています。

 

どんなことでも、いい悪いはない。

どんなことでも、いい悪いはないんです。

 

だから、たとえ誰かがあなたのことをダメだと言ったとしても、その誰かがダメだと思っているだけです。

 

誰かの判断や評価は流して大丈夫です。

 

「そういう事実があるのだな」と捉えるだけでいいと思います。

 

 

例えば「あなたはとろくてダメね」と言われる。

 

「自分はとろくてダメなんだ」と思わなくていいです。

 

「私はとろいと言われた」という事実だけを見る。

 

誰かが決めた評価にしばられないでほしいです。

 

 

これは、自分を改善しようとする行動までを否定するわけではありません。

 

順番として、まずは事実だけを見れるようになることが大事だと思います。

 

いい悪いの判断をしないようになること。

 

いい悪いを決めないでいると、心が少し楽になります。

 

事実だけを見て、いい悪いを決めない。

 

そして自分を責めなくなったその先に、改善のためのヒントが見えてくると思っています。

 

人間万事塞翁が馬(じんかんばんじ さいおうがうま)の考えはなかなかいいですよ。

私が、ダメ出しするクセから抜け出せたきっかけ。

私は「自分が悪いんだ」「もっと努力しなきゃ」と長い間自分を責め続けていました。

 

生きづらくて、恥ずかしくて、夜中に一人泣くこともありました。

 

ダメ出しを続けていること自体に特に問題を感じていませんでした。

 

 

でも20代半ば頃のこと、しんどさMAXになってしまいます。

 

大学受験の失敗・挫折、腎臓の病気発覚。

 

就職活動の失敗・挫折、ニート生活。

 

バイト先の上司の嫌がらせ、親とのケンカ、恋人の浮気…

 

心がやられていました。

 

誰かに苦しみを打ち明けたくて、ネットで占い師さんに勇気を出してメール鑑定依頼をします。

 

すると、この占い師さんがとても親切な方でした。

 

占いというより、カウンセリングみたいな感じだったかもしれません。

 

その占い師さんから

ダメって決めているのは誰なんでしょう?

という言葉が返ってきました。

 

第三者の助言だったから素直に聞けたのかもと、今では思います。

 

この瞬間がターニングポイントでした。

 

ここから徐々に考え方が変わってきたんです。

 

ダメ出しするクセに気付いてから意識していること。

それからは「こんな自分でもいい」と意識し始めるようになりました。

 

最初は、こんなこと思っても何も変わらないと思っていました。

 

だけど、1年ぐらい続けていると変化を感じるようになりました。

 

「こんな自分でもいいよね」と思える瞬間が、少しずつ増えてきたんです。

 

効果が少しずつ出てきています。

 

ダメ出しの代わりに出てきた考え。

こんな自分でもいいと思えてくる。

 

すると、自分の性格や気質を冷静に分析できるようになりました。

 

思い描いていた理想とはかけ離れた自分…

 

それは、理想に届かない自分を受け入れるので辛い面もあります。

 

でも、自分はこういう人間なんだと理解が深まりました。

 

自分自身の理解が深まると、

こんな自分を生かせる場所はどこだろう

と考えることが増えたんです。

 

自分にあった生き方って、どんなだろう。

 

 

まとめ。ダメじゃないよ。

伝えたいことはシンプル。

 

自分はダメじゃないということです。

 

根気よく自分に言い続けてあげてほしいと思います。

 

私は、自分はダメじゃない、事実をみよう、と根気よく言い聞かせています。

 

だんだんと、責める回数が減っていけばいいなと思っています。

 

ゆっくり、ゆっくり、進んでいきます。

 

 

私も、あなたも、自分らしくいられる日が1日でも多くありますように。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。





おすすめの記事