砂糖断ちしたらいいことだらけ。お菓子代削減、メンタル安定、虫歯も減る

2年ぐらい前から、虫歯を増やしたくない思いから一念発起をし、大好きなお菓子をやめ、砂糖断ちを始めました。

 

その頃の私は、会社帰りに100円チョコを買い食いしたり、休日はお昼をクッキーにしたり、普段から甘々なカフェラテを好んで飲んだりと、甘いものが大好きでした。

 

そのため、甘いものが食べられなくなんてツラくなるだろうなと思っていましたが、意外に大丈夫でした。

 

虫歯はまだできますが頻度が減って医療費が少なく済んだりお菓子代が削減できたり、健康面でもいいですし、メンタル面も落ち着いたりと、いいことがたくさんありました。

 

また、食品パッケージ裏を良く見るようになり、私たちは知らないうちに砂糖を口にしている事実を知ることが出来ました(特にビックリしたのは、納豆のタレ、マスタード)

 

 

こういった点から、砂糖断ちを始めてよかったと感じています。

 

また、砂糖断ちをしていることを誰にまで伝えるか、色々試しましたが、一緒に暮らしている家族には伝え、その他の人には言わない、という方針をとっています。

最初の1、2週間はツラいけど、その後はだんだん砂糖を食べたくなくなる。

最初は、毎日のように食べていたお菓子が食べられなくなり、ツラかったです。

 

ですが、1カ月経過したぐらいにはほぼ砂糖を欲することはなくなっていました。

 

こんな経験から、砂糖断ちを始めて1、2週間ぐらいを乗り越えられれば、砂糖断ちできるのではないかと思っています。

 

2年ほどたった今は、砂糖が入っているだけで「食べたくないな」と思うまでになりました。

あべt

どうしても甘いものが食べたくなったら、工夫して食べる。

とは言え、どうしても甘いものを食べたくなる時はあると思います。

 

私も今も甘いものが食べたい時がゼロになったわけではないので、そんな時は工夫をして食べています。

自然の甘いものを食べる

さつまいも、かぼちゃ、ナッツなど自然の甘みのおやつなら、よしとしています。

 

こういう甘さは、体は喜んでいる感じがします。

砂糖不使用のお菓子を食べる

砂糖不使用のお菓子を選ぶのもいいです。

 

おせんべい、クラッカー、するめいか、などなど。

 

または、虫歯になりにくい人工甘味料が使われているクッキーなどもあります。

 

私の場合は虫歯を考えて砂糖断ちをしているので、最近は甘味料として歯にいいキシリトールが使われているタブレットやガムをおやつに食べることも増えました。

お気に入りは、しまじろうのキシリトールタブレット!

 

自分の好きな、砂糖不使用のおやつをいくつか見つけておくといいと思います。

砂糖入りのお菓子を避けられない時は、リスクが少ないものを選ぶ

また、気を付けていても、お祝いごとのケーキや、友達と一緒に食べるデザートなど、どうしても砂糖入りのお菓子を避けられない時もあると思います。

 

虫歯防止に限った対策にはなるのですが、そんな時はなるべく歯にくっつきにくいもの、具体的には、プリン、ゼリー、アイス などを選ぶといいと思います。

 

口の中に残りにくいことがポイントみたいです。

砂糖断ちしている事実を、どこまで伝えるか

砂糖断ちは、身近な食に関わるので家族の協力が必要不可欠です。そのため、私は一緒に暮らす夫にだけは砂糖断ちしていることを伝えています。

 

とはいえ、なかなか理解を得られないこともあると思います。

 

私の夫は、砂糖断ちを始めた私に対して最初は否定的でした。「和食にはほぼ砂糖が入っているんだよ?とも言われたり‥‥‥

ハイ・・・おっしゃる通り・・・

 

虫歯や歯の悩みを伝えると、ちょっと分かってくれて、時々文句は言われますけど、今では砂糖不使用のお菓子を買ってきてくれたり、料理に砂糖はなるべく使わないようにしてくれています。

 

自分がなぜ砂糖断ちをしたいのか?

 

これをしっかり家族に伝えることがポイントになってくると思います! 徐々に理解をしてもいってもらえるようがんばりましょう!

これは我が家の参考ですが、虫歯になりにくく砂糖と同じように料理に使えるオリゴ糖を取り入れることで、甘さがほしい夫と、虫歯のために砂糖断ちしたい私の意志、どちらも尊重できるようになりました。

“オリゴ糖”も、虫歯になりにくい甘味料の1つです。

 

もし、料理に砂糖が使えないから家族の理解がなかなか得られない方がいたら、おすすめの方法です。

 

 

一方、家族以外の人には砂糖断ちを伝えるかどうかです。

 

私は迷った結果、家族以外には、言わないでおくのがいいという見解になりました。

 

お土産にお菓子を頂いたり、友達と外食に出かけたりと、食を通してコミュニケーションすることもあるからです。

 

「あまり制限をかけたくないな」という思いでこのような見解になりました。

 

砂糖断ちといってもルールはゆるく、できる範囲でやろうと思っています。

砂糖断ちして得られたメリット

最初にも述べたように、砂糖断ちして得られたメリットは複数あります。

お菓子代が削減できた
お菓子食べたい欲求がほぼなくなり、メンタル面が落ち着いた
虫歯の方も、多少効果が出てきている(まだ虫歯はできるのですが、頻度が減った)
上記により、お金の心配の種が減る

またこれ以外には、砂糖断ちすると「顔が若返る」という情報がネット上にありました。

 

自分の場合は、残念ながら今のところあまり分からずですが、ひそかに10年後を楽しみにすることにします。

砂糖断ちのデメリット

砂糖断ちすることによるデメリットを挙げるならば、砂糖断ちに興味ない人と折り合いをつけるのが難しいという点です。

 

先ほども挙げたように砂糖断ちしているところに、誰かからお菓子をいただいたり、友達や家族と一緒に出かける際に、ちょっと困ります。

 

 

あとは、家族が悪気なく買ってきたもの、作ったものに、砂糖が入っていた時に困ります。

 

断るのが気まずいのですよね……

 

最近我が家であったのは、夫が買ってきたキムチ鍋の素に、砂糖が入っていたことでした(あんまりイメージないですよね)

 

夫は、私と違って食品パッケージのウラは見ませんから、砂糖のイメージがなく買ってきたんだと思います。

 

こういう時は食べるしかありません。ごはんを作ってもらっている立場の時は文句は言えません!

 

自分一人なら砂糖断ち出来るのにと思うことがあります。この辺もどかしいです。

 

人間関係を取るか、自分の健康をとるか、といったところですかね……

砂糖断ちをこれからも続けていきたい

デメリットもありますが、砂糖断ちしたら得られたメリットの方が大きいと感じているので、これからも可能な限り続けるつもりです。

 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事