砂糖断ちしたらいいことだらけ。お菓子代削減、メンタル安定、虫歯も減る

2年ぐらい前から虫歯を増やしたくない思いで砂糖断ちを始めました。

 

具体的にはお菓子をあまり食べないようにしています。

 

砂糖断ちをする前の私は、1日中甘いものを食べていました。

 

例えば、会社帰りに100円チョコを買い食いしたり、休日はお昼をクッキーにしたり、カフェラテには必ずシロップを入れたり…

 

 

砂糖断ちを決意してすぐは甘いものが食べられなくなんてツラくなるだろうなと思っていました。

 

ですがやってみると意外に大丈夫だった!

 

それに良かったこともいくつかあって、今では砂糖断ちをやってよかったと思っています。

 




砂糖断ちを始めて感じたメリット

虫歯の頻度が減少

虫歯の頻度は減少したと思います。

 

前は、歯医者さんの定期健診に行くたびに虫歯が発見されていました(涙)

 

でも今は歯石だけとって終わりとなる回が出てきました。

 

虫歯の頻度が減って医療費が少なく済むのがありがたいです。

お菓子代の削減

お菓子代が削減できました。

 

以前は会社帰りにほぼ毎日お菓子を買っていた私…(買いすぎですよね笑)

 

一回100円ほどですが塵も積もればです。

 

今は、お菓子代を別に回すことができています。

健康面、精神面にも良い

砂糖をとらないことは体にもいいと思います。

 

血糖値上がることが減りますしダイエットにもなるし。

 

なんとなくですがメンタル面も落ち着いたような気がします。

 

お菓子食べたい欲求がほぼなくなり、甘いもの食べたーい!みたいな衝動やイライラが減りました。

食品の表示をよく見るようになった

食品パッケージ裏を良く見るようになりました。

 

砂糖の文字を見つけたらなるべく買わないようにしています。

 

砂糖以外にも、添加物がたくさん入っている食品も、なるべく避けるようになりました。

 

材料表記がシンプルだと安心できます。

 

 

この習慣が出来てから、食品には砂糖が意外にたくさん入っていることに気付けました。

 

特にビックリしたのは、納豆のタレやマスタード。

 

言われてみればちょっと甘いですもんね。。。

 

知らないうちに砂糖を摂取していたんだなぁ…

砂糖断ちのデメリット

今は慣れましたが、デメリットもあります。

 

最初の1、2週間は特にツラい

最初は、毎日のように食べていたお菓子が食べられなくなりツラかったです。

 

甘いもの、食べたい…

 

わきあがる欲求。

 

そんな時は、キシリトールガムや砂糖不使用のタブレットで乗り切るのがおすすめ。

 

探すと色々ありますので自分に合ったものを手元にひとつ置いておくとよいです。

 

私が手元に置いているのは乳酸菌タブレットや、

UHA味覚糖 デンタクリア タブレット ヨーグルト味 (21粒)

 

キシリトールタブレットです。

ロッテ キシリトールタブレット オレンジ/クリアミント 35g 【メール便OK】

 

1,2週間を超えるとだんだん気にならなくなってきます。

 

1カ月経過したぐらいにはほぼ砂糖を欲することはなくなっていました。

 

2年ほどたった今は、砂糖が入っているだけで「食べたくないな」と思うまでになりました。

 

人間関係が絡む場合が難しい

私は周りの人には砂糖断ちしていることを伝えていません。

 

なので時々誰かからお菓子をいただいたりすることもあります。

 

友達や家族と一緒に食事をしたり、デザートを食べる時もあります。

 

こんなとき困ります。

 

こういう場合私は、砂糖断ちを中断して人間関係を優先!

 

できるだけ砂糖を使っていなそうなものを選ぶなどの工夫はしています。

 

家族にどこまで協力してもらうかに悩む

家族に砂糖断ちへの協力をどこまでお願いするかに悩みます。

 

例えば、家族が悪気なく買ってきたもの、作ったものに、砂糖が入っていた時に困ります。

 

断るのが気まずいのですよ……

 

最近我が家であったのは、夫が買ってきたキムチ鍋の素に砂糖が入っていたことでした(あんまりイメージないですよね)

 

夫は、私と違って食品パッケージのウラは見ませんから砂糖のイメージがなく買ってきたんだと思います。

 

こういう時は食べるしかありません。

 

ごはんを作ってもらっている立場の時は文句は言えません!

 

自分一人なら砂糖断ち出来るのになとちょっと思うことがあります(夫ごめんよ)

 

この辺もどかしいです。

 

甘いものが食べたい時や、甘いものが必要な時が来た時の対処法

とは言え、どうしても甘いものを食べたくなる時が来たり、必要で食べなくてはいけない時もあると思います。

 

そんな時は工夫して乗り切るべし!です。

 

自然の甘いものを食べる

どうしても甘いものが食べたい時、自然の甘みのおやつを進んで食べています。

 

私は、さつまいも、かぼちゃ、ナッツ、するめいか、などを選んでいます。

 

こういう甘さは、お菓子と違って、体が喜んでいる感じがします。

 

砂糖不使用のお菓子を食べる

砂糖不使用のお菓子を選んで食べることもよくあります。

 

おせんべい、クラッカー、など。

 

虫歯になりにくい人工甘味料が使われているクッキーなどもあります。

 

前述した、乳酸菌タブレットやキシリトールタブレットも選択肢の一つ。

 

自分の好きな、砂糖不使用のおやつをいくつか見つけておくと安心です。

 

リスクが少ないものを選ぶ

自分では欲さなくても、人間関係上、砂糖入りのものを食べた方がいい場面もあると思います。

 

例えば、お祝いごとのケーキや、友達と一緒に食べるデザートなどです。

 

そんな時はなるべく歯にくっつきにくいものを選んでいます。

 

具体的には、プリン、ゼリー、アイス などです。

口の中に残りにくいことがポイントみたいです!

番外編:砂糖断ちしていることを誰にどこまで伝えるか

砂糖断ちしていることを誰に言おうか悩みました。

 

私は、一緒に暮らす夫にだけは砂糖断ちしていることを伝えています。

 

砂糖断ちするには家族の協力が必要不可欠だなと感じたからです。

 

私の夫は、砂糖断ちを始めた私に対して最初は否定的でした。

 

和食にはほぼ砂糖が入っているんだよ?何を食べるの?とも言われたりもしました笑

 

ハイ、おっしゃる通りよ…

 

虫歯や歯の悩みを伝えると分かってくれました。

 

その結果、我が家では砂糖の代わりとして、オリゴ糖の出番が増えました。

“オリゴ糖”も、虫歯になりにくい甘味料の1つです。

オリゴ糖という落としどころが見つかってから、夫は料理に砂糖はなるべく使わないようにしてくれています(ただし文句は常々言われます笑)

 

もし、料理に砂糖は付きものだ!という家族がいて、砂糖断ちに理解が得られない場合はおすすめです。

 

 

一方、家族以外には砂糖断ちしていることは言わないでおくことにしました。

 

お土産にお菓子を頂いたり、友達と外食に出かけたりと、食を通してコミュニケーションすることもあるからです。

 

砂糖断ちといってもルールはゆるく、できる範囲でやろうと思っています。

 

まとめ。砂糖断ちをこれからも続けていきたい。

砂糖断ちを始めてみて色々いいことがありました。

 

これからも可能な限り続けていこうと思います。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。




おすすめの記事