自分を分かってもらえない時の対処法

自分の考えを分かってほしいと思うことは、大半の人が感じたことがあるのではないでしょうか。

相手に「そうだよね」とか「分かる!」と言ってもらえると、嬉しくなりますよね。
これは、とてもラッキーなことです。

もし、
「自分を分かってほしい」とか、
「どうして私を分かってくれないんだろう」とか、
「分かってもらえればうまくいくのに」とか、思い悩むことがあったら、
逆に「分かってもらおうとしなくていい」と思ってみることをおすすめします。

分かってもらえなくて「当たり前」なんです。

世の中には、たくさんの色んな人がいます。
その人の気質、育ってきた環境、周りにいた人、歩んできた道、みんな違います。
だから、みんな違うのが大前提。
どんなに近くて深い仲でも、自分を分かってもらうのは無理なことなんです。
分かってもらえないことの方が自然なんです。

また、近い人にほど、分かってくれるのが当然でしょ。と思いがちです。
(家族、友達、恋人、上司、同僚など)
だけど、どんなに近くても、分からないものですやっぱり。

それに「自分はこうだ」とどんなに伝えたとしても、受け止める側の反応が自分の望んでいるものとは限りません。

まずは、「分かってもらえなくて当たり前なんだ」と普段から考えておくといいと思います。

分かってもらえない時、自分がどう感じているのかを知っておく。

「分かってもらいたい」という気持ち奥には、どんな気持ちがあるでしょうか。
なぜ、分かってもらいたいのでしょうか?
分かってもらえないと、自分はどうなると思うでしょうか?

寂しい
悲しい
いらつく
むかつく
気に入らない
思いやりが感じられない、
前に進めない
不安になる
自分に自信が持てない

などなど。

もしこの問いに何か答えが出てきたら、
自分は分かってもらえないと、こんな気持ちになるんだ。」と知っておくといいです。

分かってもらえないと、悲しい。。
ひとりぼっちだと感じてしまうんだよな。。

その気持ちの存在を認めることで、心はすこし落ち着きますよ。

自分のことを伝えたいと思った時は。

分かってもらいたい人を、しぼる。

分かってもらいたいと思う相手はどんな人でしょうか?
よく考えると、中には「どうでもいい人」もいると思います。
分かってもらえても、分かってもらえなくても、別に「どうでもいい人」。
どうでもいい人にまで、分かってもらおうとしていないでしょうか?

自分のことを誤解されて腹が立つとか、何としてでも分からせてやりたい、と思っても、
相手は自分の人生に、そこまで関わる人ではないかもしれません。
その場合、「相手はそういう考えなのね。そういうこともあるんだ。」と受け流し、
相手を考えている自分の時間を、自分に使った方が断然いいですよ。
自分の時間がもったいないです。
まずは、自分が大事にしたいと思う人に、向き合ってみるといいと思います。

自分の意見の伝え方を研究する。

伝え方については、日々研究ですね・・
周りの人から言われたこと、話が分かりやすい人の話し方など、
アンテナをはっているとヒントが見えてきます。

ちなみに、私がよく言われることは、
話が長い、要点が分からない、話す速度が遅い、感情的なことを話すことが多い、などです。
指摘されると、その都度恥ずかしくなってしまいますが(汗)、
これからも自分の伝えたいことと、聞きやすさのバランスがとれるよう、
心地よい伝え方を探り続けていきます。

自分の経験上、おすすめな方法があります。
思ったことをすぐに話さない。
もっともなことを伝えても、タイミングによっては、台無しになってしまいます。
一呼吸おいて、言葉とタイミングを選ぶといいです。

相手が今、話を聞ける状況なのか考える
忙しい時や、疲れている時などは、話を聞く気持ちになりにくいです。
相手がどういう状況なのか、自分が話す前に、相手の情報を観察してみて下さい。

自分を主語にして伝える。
「あなたがこうしてくれないから、いけないんだ」だと、あなたが主語になります。
私を主語にして伝えると、
「私は、あなたがこうしていることで、自分は必要ないと言われているように感じ、悲しい。」
となります。
自分を主語にして伝えると、聞いた相手も責められると感じないので冷静に聞いてくれます。
腹がたつと、相手をどうしても責めたくなりますね。
そこをぐっと、ぐぐっとこらえて(ここがムズカシイんですけどね・・)、試してみて下さい。

 最後に・・・
誰かに分かってもらえなくても、自分が自分を認める。

最後に、誰かに分かってもらえなくても、自分がそう思っているのだから、そうなんです。
誰かに分かってもらうことで安心しようしなくて大丈夫。
不安になっても、間違っていないです。
大丈夫。
それでオッケーなんです!
自分を信じて、自分は自分の味方でいてください。

誰かに分かってもらうと、安心しますよね。
だけど、誰かに頼るばかりでは、思ったものを得られずつらくなってしまいます。
頼られてばかりでは相手もつらいです。
自分で安心を作れたらいいと思いませんか。
自分で作るには、自分で自分を認めてあげればいいんです。

自分の心が安心で穏やかでいられると、おのずと、自分のことが見えてきます。
自分のことが見えると、不思議なことに、周りや人のことも見えてきます。

 自分を分かってもらえない時の対処法、まとめ。

  • 分かってもらえなくて当たり前
  • 分かってもらえない時、自分がどう感じているのかを知っておく。
  • 分かってもらいたい人をしぼる。
  • 自分の意見の伝え方を研究する。
  • 周りに分かってもらえなくても、自分は自分を認めてあげる。

分かってほしいと思ったら、上記のことを思い出してもらえればと思います。
そして、「あなたはそう思うんだね。私は、こう思うんだ。」と話せばいいんです。
分かり合えなくても、心地よい人間関係は作れます。

分かってもらおうとしなくていい。
そう思うことが、自分の心を落ち着かせ、自分を大事にすることにつながっていきます。

おすすめの記事