HSPはつらいよ。社会で生きづらいけど同じHSPさんに伝えたい。

自分はHSP気質です。

敏感で傷つきやすく、神経質、感情が揺れることが多いです。

 

最近は、HSPの認識が広まってきていると思いますが

それでもまだまだ知らない人も多いです。

「考えすぎ」

「気にしすぎ」

「神経質」

「疲れそうだね」

「もっと気楽に」

「メンタル大丈夫?」

これはみんな、自分に言われた言葉です。

Adoさんの「うっせぇわ」があった時代だったら、

「あなたが思うより健康です!」と言ってやりたかった笑

 

素がこんな性格なんです。

仕方ないんです。と今は思います。

分かってもらいにくい気質なんだなと理解はしていますが、

やはり、ちょっと切ないですよね・・・

HSPは、社会で生きづらいよね。

社会において、この性格は

どうしてもウィークポイントとして見られてしまいがちです。

それゆえ、社会ではちょっと生きづらい・・・

そんな思いを抱えて生きています。

正直、つらいです!

 

世の中には、HSP気質の1項目でさえ

当てはまらないような人もいるんですよね。

HSP気質の人の割合は、5人に1人だそうですが、

実際なかなか出会えません。

私のいる職場が、営業部だからかもしれません。

営業部って、HSP気質の人なかなかいない。

 

HSP気質の人は、どこにいるんだろう。

私はいつもHSP気質の人を探してしまいます。

 

そのため、いつか自分の雰囲気が活かせそうな居場所に行きたいと考えています。

そして、HSP気質の人の良さが少しでも分かってもらえる社会にしたいな

 

いつか、そのようなサポートができる仕事がしたいと

ぼんやり考えています。

HSP気質の性格を変えようとしたこともありました。

 

若い時は、周りの人も自分と同じように感じているだろうと思っていました。

だから「なぜ分かってくれないの!」と

感情を相手にそのままぶつけてしまったこともあります。

 

しだいに、「私はどこかずれている・・・」と感じはじめ、

この性格を変えようとしたこともありました。

自己肯定感も低いのです。自分を責めてばっかりでした。

でもやっぱり変えられないHSP気質。30代半ば、このままでいいんだと思い始める。

だけど、現在30代なかば。

この年になって、この性格は、変えられない私の気質なんだと悟りました。

 

思い返せば、このような気質でよかったと思うことも多々ありました。

もう、必要以上に自分を否定するのはやめたい。

HSP気質も大事な性格で、何も恥ずかしく思うことなんてない。

「こんな自分でいいじゃないか」

「ありのままでいいじゃないか」

と少しずつ思えるようになってきました。

 

そして今。何とか生きています。

今も、こんな自分でいいと思えない日もあります。

他人のせいにしたい時もありますし、愚痴りたい時もあります。

だけど、それでいい!

 

いろいろ繰り返して、波を乗り越えながら、

自分にあった方法や生き方を探しながら、生きていくだけです。

もうダメだと思っても、世の中は諸行無常ですから。

あせらずに、自分を信じて、生きていきましょう。

 

私も、生きづらさを抱え、悩むことを繰り返し、

もうダメだと何度も思い、

それでもなんとか社会の片隅で生きています。

 

HSP気質の人が、少しでも心地よく生きられますように。

社会の片隅からいつも思っています。

 

あきらめずにいきましょうね。

私もふんばりますよ。

このような人もいるんだ、と思ってもらえたなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事