話をきく際、自分はどんな表情をしているかを考える。

話をきく時、自分はどんな表情をしているか、見たことがありますでしょうか?

 

私はあまり気にしたことなかったんです。

 

実際に鏡で見てみたら‥‥

 

話している自分の表情に、結構驚いたんです😅

 

知らない方には、知っておくことをぜひおすすめしたいです!


そう思ったのは、こんな経験をしたからでした。

表情のクセについて考えたきっかけ

何人かで雑談していた時のこと。

 

ある人の失敗談を聞いていました。

 

深刻ではなく、最後は笑いになるような軽いタイプの話題でした。

 

その途中で、話をしている人から、

 

「そんなかわいそうな人を見るような目で、私を見ないでください」と言われました。


普通に聞いていたつもりだったので、思いがけない言葉にちょっと驚いてしまった私。


あとで鏡を見ながら聞いていた時の顔を再現してみて納得。

 

言われたとおりでした😂

 

こんな顔で話を聞いていたんだと、軽くショックでした笑

自分の表情のクセを探してみたら、けっこうあった!

そんなわけで、自分の表情を早速チェックしてみました!

 

・鏡を見て確かめる。

・スマホの動画機能で自分を撮って確認する。

・人がくれる言葉をヒントにする。

・親しい人に聞いてみる。

で、チェックしてみました😉

 

私は、悲しみ、不安、緊張などマイナスの感情の時は特に、表情が大きく出てしまうクセがありました。

 

困り顔をするクセにも気づきました。

 

こんな顔していたら、私に仕事を頼む人は「この人大丈夫かな〜なんか不安だな」と思うだろうなと思いました。

 

あわわ…

 

意識してみたらわりと直せそうでしたので、クセを知ってからは、60%ぐらいの表情をするように気をつけていますよ。

自分の表情のクセを知ることで、他にもいいことがあった。

表情のクセを知ることで、

・周りの反応を推測しやすくなる。

・自分が冷静になれる。

といういいことがありました。

 

以前は、私を見た人からなんでそんなこと言われるのか分からないな、と思っていたようなこともありました。

 

例えば先ほどの

「そんなかわいそうな人を見るような目で、私を見ないでください」や、

「なんか不安なの?」

とか。

 

「そのように言われてもある程度は仕方ないな」と思えるようになりました。

 

また、人に指摘されても、「言われると思っていました」という冷静な気持ちでいられます。

 

だから、

「そうなの。そういうところあるのよね私。でもそんなつもりじゃないの。いやな思いさせたらごめんね。」

 

とフォローできるようになりました。

顔のクセに関する言葉には、もう驚かない!

思えば自分も表情で判断していたことがありました。

思えば自分も、表情で判断していたことがあったなと思いだしました。

 

例えば、 いじられキャラの子の話です。

 

いじられている時笑顔だったので、いじられることが好きなんだなと思っていました。


ですが、後日その子が言いました。

 

「いじられるの、実はすごくいやだったんだ」

 

驚きました。

 

笑顔だったから、いやがっていないんだと思ってしまっていたんです。

 

表情から感情を読み取ること、自然に行っていることなのですよね。

 

こんなことがあってから、周りの人に対しても、そう見えるけど、本当にそうなのかな?と、今度からは気にかけてみようと思いました。

まとめ。表情チェックするのをおすすめします!

表情のチェックをしてみたら、上記のようないい変化がありました。

 

話している時の自分の顔、そういえばどんなかな?と思ったら、自分の表情チェック、おすすめですよ~

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事