【コストコ】コストコで定番のキッチンペーパータオル。色々使えて便利なアイテム!

我が家では、コストコに時々行きます。

 

夫と両親がコストコファンなのです。

 

私はというと、最初は興味がなかったです😅

 

家族の付き合いで行き始めました。

 

今ではエンターテイメントと割り切って、自分なりに商品探しを楽しんでいます。

 

よく買う商品の一つに、カークランドシグネチャー ペーパータオル 12ロールがあります。

カークランドシグネチャー ペーパータオル 12ロール
created by Rinker

 

値段だけで見ると、ドラッグストアなどで買えるキッチンペーパーより、割高ではあります。

 

ですが、それでもいいかなと思えるメリット、お気に入りポイントがあります。

お気に入りポイント

・厚手である。
・破れにくい。
・色々な用途に使える。

 

ちなみにデメリットとして感じるのはこんなところです。

デメリット

・お値段が高い(3000円弱)。
・大きいため持って帰る時大変。
・家で、置き場所の確保が必要。

色々使えて便利なので、なくなるとちょっと恋しくなります笑

 

そのため、計画的に買うことでデメリットをカバーして、時々購入しています。




カークランドシグネチャー ペーパータオル 12ロールは、どんな商品?

容量・サイズ

全部で12ロールあります。

 

ロールを立てると、高さ約280㎜!

けっこう大きく感じます。

 

 

1ロールは、140カットです。

 

1カットの大きさは、約180mm×280mmです。

ドラッグストア、スーパーで購入したキッチンペーパーと比べると、1カットのサイズ感が違います。

 

コスト

価格は12本入りで2,888円(税込)でした(2022/9)

 

1ロールあたり約241円。

 

1カットあたりだと、約1.72円です。

 

特徴

・12ロール入りで、1ロールずつ個装されています。

 

そのため保管はしやすいと思います。

 

・2枚重ねになっています。

使っているうちに、2枚に剥がれやすい、ということは全然ないです。

 

 

・手触り

ドラッグストア、スーパーで購入したキッチンペーパーと比べると、少しゴワっとしている感じがします。

 

乾いている状態では、ざらざら感が強い感じですかね。

 

お気に入りポイント

厚手である。

厚手なので、がんがん使えるところが気に入っています!

 

サラダ用の野菜の水気を取る
→キッチンの天板を拭く
→使い終わったフライパンの汚れを取る

 

みたいな流れで、料理はじめから片付けまで、使うことができます。

 

ちょっとの汚れなら、水で洗って絞ってまた使えます。

 

キッチンペーパーとしての役割は十分果たしてくれます。

 

破れにくい。

水にぬれると破れやすくなるキッチンペーパーもありますが、なかなか破れません。

 

使う時、破れないように気を使わなくていい点は、楽ちんです。

 

また、破れてしまうことで結果何枚もキッチンペーパーを使ってしまうというストレスも軽減できます。

 

 

私はこのキッチンペーパーが破れるまで、1枚であちこち拭きあげて掃除しています。

 

使い捨てなので、とことん使ってから捨てよう!という感じです。

 

油を吸い取ったペーパーはさすがに使えませんが、水を吸い取っただけのきれいなペーパーなら掃除にぴったりです!

 

キッチンの床、レンジの中、コンロ脇の壁、換気扇のスイッチ部分、冷蔵庫の扉…

 

色んなところを拭いてきれいにしたくなるんです。

 

色々な用途に使える

・魚や肉の水分を取る時

・サラダ野菜の水気を取る時

・揚げ物の油取り

・豆腐やヨーグルトの水切り

・お皿拭き

・雑巾

・台拭き

 

キッチンに限らず、色々使えます。

 

特に気に入っているのは、フローリングの汚れを取る時、トイレの床掃除をする時などです。

 

雑巾代わりの使い方ですね。

 

お水に濡らしてしぼり、雑巾と同じ要領で拭くだけです。

 

濡らすと、ふわふわした手触りになります。

 

折りたたんである面を変えれば、1枚でも広く掃除が可能です。

 

 

また、キッチンペーパーで雑巾の代用をすることで、雑巾や台ふきんを、洗って干す手間も省けます。

 

雑巾を干した後に発生する生乾きのにおいともおさらばです!

 

気を付けること、デメリット

お値段が高い

価格は12本入りで2,888円(税込)です。

 

1ロールあたりだと約241円

 

そこまでお安くはないのです。

 

厚手であることや、破れにくいこと、家事全般に広く使えることなど、魅力を感じる場合は購入してもいいかもと個人的に思います。

 

また、1度に購入する金額を考えると高いですが、12ロールあればかなりもつので、買い出しに行く手間が減るという点ではメリットかもです。

 

大きいため持って帰る時大変

12ロール入り全体の大きさは、約540(幅)×400(奥行)×280(高さ)㎜です。

 

持って帰る時は、大人1人で両手で抱えて持つことになりそうです。

 

男性だと、肩にのっけたりすれば片手(片肩)で持てるかもしれませんが、大きいのでやはりそれなりに大変です。

 

大人数で行って手分けして持つ、何回かに分けて運ぶ、など工夫すれば何とかなると思います。

 

家で、置き場所の確保が必要。

12ロールあると、置き場所の確保も大変です。

 

スペースがない場合は、最初は困ると思います。

 

我が家ではキッチン周りに12ロール全部置けるスペースがありません。

 

1ロールはキッチン周りに置いて、あとはクローゼットの上の方に置いたり、収納の空いている部分に置いたりと、分散して保管しています。

この時、1ロールごとに個装されていることはありがたいです。

 

ほこりがかぶる心配がないですし、1ロールごとに置き場所を変えられるのがいい感じです。

 

私が思う、使い勝手以外の魅力

コストコのキッチンペーパーは、使い勝手以外にも魅力を感じる点があるんです。

 

話題が盛り上がる

コストコに行ったことない人でも、キッチンペーパーについてはなんとなく知っている、興味があるという人が多いと感じます笑

 

コストコの代名詞みたいな存在だなと感じます。

 

「あのキッチンペーパーってどうなの?」など、話のきっかけになったりすることも。

 

また、来客時に手土産として渡すと、「これほしいと思ってた!」など意外に喜ばれることも笑

 

シェアしやすい

個装されているし、12ロールと数が多いこともあり、分けやすくていいですね。

 

食品と違い、冷凍、冷蔵は関係ないので、温度を気にしなくていいですし。

 

我が家では、両親とシェア目的で買うこともあります。

 

その時も「はい、何ロール」と分ければいいだけですので、簡単です。

 

コストコに行った!という気分を味わえる

コストコに行くと、この商品を購入している人が多いと感じます。

 

肌感では、5カート中、1カートには、中に入っている感じです。

 

人気商品なんですね。

 

コストコで、大きなカートに、この大きなキッチンペーパーを入れる。

 

そして抱えて持って帰る。

 

「これがコストコの醍醐味なのかも」と、感じたりします笑

 

コストコをエンターテイメントとして楽しむ、という目線で見てみた私の感想です。

 

体験で、一回ぐらい買ってみてもいいかもです笑

 

 

まとめ。値段は少々高いけど、1枚で色々使える便利なアイテム。

野菜の水をふき取る、油取り、ふきん、雑巾などなど、様々な用途で使えます。

 

常備しておくと便利なアイテムです!

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。




おすすめの記事