「小さな声」-ハンバートハンバート- 助けを求めたくてもできないときに救いになる曲。
辛いけど、笑うしかできない。

苦しいけど、やるしかない。

本当は、抜けだしたい。

終わらない、だけど押し付けられる。

こんな場所にいたくない。

生きているの辛い。

長い人生、そんな時もあると思います。

 

私も色々ありましたが、そんな時、思わず涙してしまった曲があります。

 

それが、ハンバートハンバートの小さな声」です。

本当に心が落ち込んでいる時は、明るい歌ではなく、悲しい歌、寂しい歌、つらい歌を聴くのがいいんだそうです。
この歌は苦しい気持ちをうたっています。
「逃げたらいいんだよ」って、まっすぐ伝えてきてくれます。
生きる。ただこれだけでいい。
必要な方に、届くといいと思います。

 

 

一番辛いのは 朝起きること

あれこれ言いわけを 考えている

 

がんばれ あと少し

 

君なら できるよ

 

あいつマジ使えない 聞こえてるけど

 

階段登るごと お腹痛むよ

 

がんばれ って言うなよ

他人事 じゃないか

 

誰か気づいて 気づいて 気づいて

 

それはまずいよ って誰か言ってよ

 

どうして見えない

 

どうして聞こえない

 

笑っていると

 

本気で思うのかい

 

そんなわけないだろう

 

そんなはずないだろう

 

笑うくらいしか

 

できないんだよ

 

誰か気づいて 気づいて 気づいて

 

今に壊れて 崩れそうだよ

 

ぼくが君なら 背中を 叩くよ

 

逃げたらいいんだよ

おすすめの記事