【言いたいことが言えない】DESC法を意識して、伝えてみる【アサーション】

言いたいことが言えない時がよくあり、悔しい思いをすることが時々あります。

 

なんとかできないか思考錯誤し、最近意識しているのは、DESC法です。

DESC法で、自己も相手(他者)も大切にする自己表現ができる

自己も相手(他者)も大切にする自己表現のことをアサーションと言います。

 

DESC法は、アサーション を行うためのトレーニングの一つ。

 

自分も相手も大切にする自己表現なので、自分の気持ちを伝えることを、我慢はしません。

 

ですが、相手の意見も尊重しながら言うので、わがままを通す感じではないのです。

 

1950年代のアメリカで、自己主張が苦手な人たちのために生まれました。

 

日本でも、学校教育やビジネス研修まで、幅広く応用されています。

具体的なDESC方法の使い方

DESC法とは、伝えたいことを、次の4つのステップにそって話す技法です。

D(描写する)
状況を客観的に描写する。
E(表現する)
自分の気持ちを説明したり、相手の気持ちに共感する。
S(提案する)
相手に望む行動、解決案、妥協案などを提案する。
C(選択する)
相手が、提案に対してOK、NG、どちらの場合でもどうするかを考える。

 

例えばこんな状況の時。

今日は仕事が早く終わりそう。
帰って、見たいテレビ番組を楽しみながら、ゆっくり夕食をとろうと思っていました。
そこへ友人から電話がかかってきて、「今日一緒に夕ご飯を食べない?」と誘いを受けました。
さてどうする?🙄

 

なんて伝えようか迷っている時、DESC法にあてはめて、話します。

D(描写する)
まずは誘われている事実と、急だと感じていることを、ありのまま伝えます。
「お誘いありがとう。今日の今日で急だね。」
E(表現する)
行くか迷うけど、誘われていることは嬉しい気持ちを表現します。
「お誘いうれしい。行きたい気持ちもあるんだけど、急に言われてちょっと困るな。
実は、今日、見たいテレビ番組があるから家でご飯を食べようと思っていたんだ。
だからごめん!今日は行けないや。」
S(提案する)
今回は断るけど、状況が合えば行きたい気持ちを伝えます。
「今度から、もう少し早めにお誘いもらえると予定が立てやすくてありがたいな」(相手に望む行動を伝える)
「今日はだめだけど、明日はどう?」(妥協案を提案)
などです。
C(選択する)
相手の反応によって、対応します。
「ごめんね。でもあなたと話をするのが楽しいから、また誘ってね。」
「では明日に行こう!」など。
ざっくりですが、こんな感じでDESCの流れに沿って伝えると、伝えやすくなるというわけなんです。

DESC法を使う時のコツ

D(描写する)は、できるだけ、客観的に。

 

D(描写する)では、誰もが認めることができる客観的な事実を、主観を交えずに述べることが重要。

 

お互いの理解の共通基盤をつくるイメージです。

 

理由は「相手も当然分かっているでしょ」と思っていても、案外相手は分かっていないことがあるから。

 

先ほどの例だと、相手は「急な誘い」とは感じてはいないかもしれません。

 

お互いの認識のズレをなくすために、客観的事実をまず言うことが大事なんですね。

E(表現する)は、感情的にならずに、素直に。

E(表現する)では、自分の気持ちを正直に伝えることです。

 

感情的にならないようにだけ、気を付けて。

 

相手の行動に対して、感謝や共感を伝えると良しです。

 

それにはまず「自分がどう思っているのか?」を理解する必要があります。

 

自分の気持ちが分からない時は、その分からないという気持ちをありのままに伝えるのもひとつの手。

 

例えば、

すぐにどうしたいか分からなくて、戸惑っているんだ。
自分の気持ちをすぐに言葉にできなくて、ちょっと整理したいな。
うれしい気持ちもあるし、困った気持ちもあって複雑なんだ。

どうしたいか考えるのに、時間がほしいよ。

などです。

 

DESC法を続けていくと、自分がどうしたいかがすぐにわかるようになります。

 

これは、相手に言いたいことを言うために、大きな一歩になります。

C(選択する)では、相手の返事が「イエス」「ノー」どちらの時も想定する。

C(選択する)では、自分が言ったことに対して、大きく「イエス」「ノー」の結果を予測しておきます。

 

両方への対応と、自分の心構えを決めて準備することでゆとりを持つことができるんですね。

C(選択する)を考える習慣をつけると、メリットが他にもあります。
実現可能なものを考えるようになるので、S(提案する)が、現実的で、自分のことにも相手のことにも配慮されているものになっていくそうです。

まとめ。伝える際は、DESC法を意識して話してみる。

言いたいことが言えなくて困った時、DESCを自分の中で作ってみるのがおすすめです。

 

少し時間がかかっても大丈夫。

「ちょっと待ってください」と言ってから、DESCを考えてもそんなに時間はかかりませんし、失礼にもならないのです。

DESC法を続けると、事実 と、自分の気持ち分けて考えることができるようになります。
自分の気持ちに気付くことで、自己分析にもなります。
ちょっと言いたいことがあったら、DESC法を使って伝えてみようと思います。
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
おすすめの記事