人は、自分の心を安定させるために人を嫌いになることがある。

人間関係を保つ上で、好き嫌いが及ぼす影響は大きいと感じます。

 

私は嫌われていると感じたら、「自分のどこが悪いんだろう」と悩んでしまうことも時々あります。

 

でも、ある理論を知り、人が感じる好き嫌いには、特に深い理由がないこともあると知りました。

 

この理論を知ったら、嫌われていることについてあんまり悩まなくてもいいかと思えて、すこし心が落ち着きました。

 

知っておくと、心を落ち着ける材料になってくれるかもしれませんので、まとめてみます。

その理論は「ハイダーのバランス理論」です。

人は、バランスの取れない人間関係の中にいると不快に感じます。

 

そして、その不快感を解消するために、人への感情(好き・嫌い)を変化させるみたいなんです。

 

つまり、その対象を、純粋に好き嫌いと思っているのではなく、自分の心を保つためにそう思っているみたいなんです。

 

具体例

Aさん、Bさん、Cさんの3人がいます。

 

Aさんは、Bさんに好意をもっています。一方、Cさんのことは嫌いです。

 

ある日Aさんは、BさんとCさんが、楽しそうに一緒に話しているのを見かけました。

 

するとAさんは、

なんで2人が仲良く話しているわけ~??

と、不快感を抱きます。

 

なんとなくわかります‥‥

 

ここでAさんが、不快感を解消するために、感情を変化させるみたいなんです。

 

変化の種類は全部で3パターンです。

①好意を持っているBさんを、嫌いになる。
②嫌いなCさんに、好意を持つようになる。
③・Bさんは、Cさんを本当は嫌いなんだろうと思い込む。
 
 ・BさんがCさんを嫌いになるように働きかける。
①好意を持っているBさんを、嫌いになるパターン
②嫌いなCさんに、好意を持つようになるパターン
③Bさんは、Cさんを本当は嫌いなんだろうと思い込むパターン
③BさんがCさんを嫌いになるように働きかけるパターン

Aさんは、Bさんのことが好きなのに、嫌いになることもあるんですね。

 

反対に嫌いなCさんを好きになることもあります。

 

こんな風に感情が変わってしまうみたいなんです。

 

バランス理論は日常生活でもよく見かける。

バランス理論は日常生活でもよく見かけます。

 

  • 好きな人が「好き」と言っているものに興味が湧き、好きになる。
  • 好きなタレントがCMをしている商品に好感を持つ。
  • 同じものを好きな人と、一気に距離が縮まる。
  • よく知らない人と嫌いな人が仲良さそうにしていると、よく知らない人に対しなんか構えてしまう。

 

人の感じる好き嫌いはあいまいなものであると心得て、一歩ひいた目線を意識するといいかもしれません。

 

人の感じる好き嫌いに、あまり惑わされない。

人はバランスが取れない関係の中にいると、バランスを保つ動きをすることがある。

そこで生まれた感情は、純粋にそう思っているわけではないものもある。

と、知っておくだけでも、心を落ち着けるヒントになるかもしれません。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

【参考】
アメリカの心理学者、フリッツ・ハイダーが提唱
バランス理論 (Wikipedia)
おすすめの記事