文章がうまくなりたいので、

レポートの書き方の本を読むこともあります。

 

世界情勢を見たり、

人生を生きていく中で、

その中で出会った本の中の言葉を、

今、かみしめています。

 

それは、

・人それぞれはもうやめよう

・自分の意見を根拠づけて主張する力をつけよう

というものです。

 

山口裕之(2021)

コピペと言われないレポートの書き方教室 3つのステップ

という本の最終章、

おわりに ―民主主義とレポート―

という章に書かれています。

「人それぞれ」は、一見いいように思うけれど・・・

「人それぞれ」と聞くと、

その人を尊重しているように

思っていました。

 

ですが、リスクもあるようです。

① 自己責任論に結び付きやすく、弱者切り捨てにつながりやすい。
② 一見相手を尊重すると見せかけて、相手の意見をよく聞かずに体よく切り捨てる言葉
③ 自分の意見を根拠づけて主張するという、骨の折れる作業をしないで済ませてしまう言葉
引用:山口裕之(2021),コピペと言われないレポートの書き方教室 3つのステップ 「おわりにー民主主義とレポート」より
このようなことがあるようです。

「人それぞれ」と対立するのは?

上記の本によると、

「人それぞれ」と対立するのは、

「自分の意見を根拠づけて主張する」

ことだと、述べています。

 

自分の意見を根拠づけて主張する能力を持たず、

市民同士で連帯することもできないのであれば、

「正しい意見」でなく「強者の意見」が

まかり通る社会になってしまう、

 

そうした社会は大多数の弱者にとって、

たいへん生きにくい社会だ

とも、述べています。

 

そんな社会、イヤだなと思いました・・・😥

自分の意見を根拠づけて主張する力をつける、意識をしよう

「人それぞれ」という言葉に

救われることもあるので、

全てにおいて

「人それぞれ」が良くないとは

思いません。

 

ですが、主張する時は出来るように、

自分の意見を根拠づけて主張する力について

意識していきたいと思います。

 

自分の意見を根拠づけて主張する力 については、

レポートを書くための指南書を読むと、

色々書いてあるので勉強になります。

 

コピペと言われないレポートの書き方教室 3つのステップ も、

おすすめの指南書です。

薄めの本なので手軽に読めます。

中身も読みやすかったです!

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事