カフェが好きで朝やランチでよく行きます。好きなドリンクは、カフェラテです。

 

だけどカフェラテは、普通のコーヒーよりお値段が高くて、予算が足りない時は注文を躊躇してしまいます。

 

安く済ますために、普通のコーヒーにフレッシュミルクを2個入れる技も使っていましたが、健康面が気になりやめました。

 

カフェに行く頻度を減らせばいいのですが、私にとってカフェ時間は大事なものなので、できるだけ減らしたくありません。

 

予算がないけどミルク入れたコーヒーが飲みたい、そんな時。

 

私は、タリーズコーヒーでは、普通のコーヒーを頼み「コールドミルクもお願いします」と伝えています。

 

コールドミルクを無料でミルクを追加してくれます。

「コールドミルク」をお願いします。

と伝えると、アイスコーヒー(ホットコーヒー)の中に、ミルクを入れて、提供してくれます。

 

追加の料金は発生しませんので、気軽に頼めます。

 

また店員さんも慣れているようで、いつも「コールドミルクですね」とすんなり受け付けてくれます。

 

コーヒーフレッシュを2個入れるよりも健康的です笑

デメリットを挙げるとしたら‥‥‥

デメリットを挙げるとしたら、まずはカフェラテよりは、ミルク感は劣ることです。

 

ミルクの量は、小さい紙コップ(お水や試飲で使う用?)一杯分ぐらいでしょうか。

 

カフェラテが好きな人からしたら、もっとミルクほしー!となるとは思います。

個人的には、コーヒーとミルク半々がいいぐらい、ミルク感強めが好きデス。

 

 

もう一つは、コールドミルク=冷たいミルクなので、温かいコーヒー(紅茶)が、それによりすこしぬるくなることでしょうか。

 

個人的にはあまり気にならないぐらいです。

 

でもアツアツのコーヒー(紅茶)が飲みたい!という場合は注意が必要です。

コールドミルクを活用し、タリーズでのカフェ時間をもっと楽しみたい

もカフェラテを頼む予算はないけど、ミルク入りのコーヒーを安く飲みたい、と思う時、使っていこうと思います。

 

私は、早起きして、出勤前にカフェに寄ってほっと一息つく時間が好きなんです。

 

毎日通っているとカフェ費用がかさむので、こういう時にコールドミルク技を使っています。

 

カフェ費用の軽減が、すこしが出来ているなと思います。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事