職場の人に嫌われていることがつらい時、心を落ち着ける方法

職場の人とうまくやっていきたいですよね。

でも中には、「嫌われているな」と感じる人との関係も、あるのではないでしょうか。

不自然に避けてくる。時には無視される。
勝手なイメージを持たれている。
影で悪口を言われている。
話していると見下され感がある。
話していると攻撃される。
自分と接する時だけムスっとしている。
いやそうな態度をあらわにする。
他の人と自分で明らかに態度が違う。
などなど・・・

気にしないと思っても、心にダメージを感じてしまうこともあります。
(ツライですね。。)

私は、嫌われることが苦手です。。
気まずくなる雰囲気、その状況に振り回されてしまう自分。
自分が悪いのかなと思ってしまったり、
自分を受け入れてられないと感じ、寂しさもあります。
どうにも心が落ち着かないんですよね。

ですが、皆に好かれることはないですので、嫌われることは、仕方ないことだとは思います。
嫌われることは仕方ないので、できれば、嫌われていたとしても、気にせず本来の自分の良さを失わずにいたいですよね。

経験を重ねてみて、そのためには、自分の心を守ることを優先して、嫌われるという状況に慣れることが大事だと思っています。
おすすめポイントをまとめました。

ひたすら逃げる。

嫌われている人と、距離を置けるのであれば、ひたすら逃げることをおすすめします。

自分から寄っていかない。

必要最低限だけ、業務に支障がない範囲だけで関わる。

嫌われている人と接すると、心が揺れるのは仕方ありません。
まずは、心が揺れる回数を減らすことです。

こうしてほしい、と相手に思っている期待を手放す。

嫌われている人に対して、こうなってくれたらいいのに、、という思いはありますか?

嫌いな態度を出さないでほしい。
ムスっとするのをやめてほしい。
冷たく当たらないでほしい。
無視しないでほしい。
怒鳴らないでほしい。
なんなら嫌いにならないでほしい。
などなど。

相手にこうしてほしい、と思っている自分がいると気づいたら、意識して手放しましょう。
相手のことは、相手が決めるので、自分がどんなに願っても変えられないですから。。

それがどうしても難しかったら、相手を相手と思わず、
「人間のかたちをしているが、言葉や自分の普通が伝わらない、よくわからない生物」として認識するのがおすすめです。

私は、「どこか違う星から来た人」と思って、やり過ごしています!

自分を追い込んでまで、嫌われている原因探しをしない。

嫌われている人に何かされると、自分が悪いのかな・・・と考えてしまうこともあると思います。

ですが、原因探しは、しなくていいです。
原因は、相手に聞かなければ考えても分からないことですから。

それでもやはり原因が気になってしまうなら、もう、「ここは会社だから」ということにしてしまいましょう!

会社は、お金を稼ぐ場所。
利益追求のために価値のあるものを生み出す場所。
上の人の言うことは、基本は絶対。
利益のために切り捨てられてるものがある
弱肉強食。
常に競争。
仲間が、一瞬でライバルにも、上下関係にもなる。
仲良しクラブではない。
いつでも結果を求められる。などなど。

どうでしょうか。一角ですが、挙げてみました。厳しい場所です・・・

会社は、プライベートとは違います。
こんな厳しい場所なので、みんなサバイバルモードで、戦闘モードなわけです。
その中で、自分もなんとかやっているわけです。

「きびしい世界なので、そういうこともある!」

と割り切って、もう原因探しで自分を責めるのをやめましょう。

その人を「好きになろう」「好かれよう」と思っていませんか? その人を嫌いでいい。

嫌われるのが辛くて、自分が頑張ればなんとかなるかも、とがんばっていませんか。

嫌われていそうなところを直そうとしたり、自分からその人に近づいて話をするようにしてみたり、その人のいいところを見ようと努力してみたり。

「嫌われているな」と思う人に対して、関係を自分からよくしよう、好きになろうとか、好かれようと思わなくていいです。

嫌われていると感じているぐらいの人ですから、あまり自分もその人のことを好きではないと思います。

「自分も、その人が嫌い。」 それでいいと思います。

それがどんなにみんなから人気がある人でも、優しい人でも、えらい人であっても、自分は嫌い。それでいい。

もっと言ってしまえば、場合によっては、自分も、「あなたに、いやな思いをしています。」という意思表示をしてもいいのです。

無視をされたならあなたもその相手を無視していい、自分と接している時だけムスっとされるなら、あなたもその人と話す際ムスっとしていいと思います。

誰にでも同じように接する必要はありませんし、いつでも感じよく振る舞う必要もありませんしね。
(相手があなたのことを攻撃してこない人だから、強く出ても大丈夫と思っている場合は、ちょっとした牽制にもなるかもしれません!)

まとめです。

  • ひたすら逃げる。
  • こうしてほしい、と相手に思っている期待を手放す。
  • 自分を追い込んでまで、嫌われている原因探しをしない。  
  • その人を「好きになろう」「好かれよう」と思っていませんか?その人を嫌いでいい。

 

嫌われていても、よい関係でなくても、なんとかやっていけます。

自分がすり減るぐらいなら、関係を改善しなくていい。

職場ですから、業務上、最低限のことはやって、そのままでいい。

嫌われても、人間性まで否定されているわけではないです。

もしかしたら案外、自分に向けられている「嫌い」という感情は、ささいなことから生まれたものかもしれないです。
自分が気にしなくていいやって思えるぐらいのことかもしれません。

まずは自分の心を守ることを考えてみて下さい。
周りを冷静に見ることができるぐらいに、心は落ち着けておく。
心を落ち着けつつ、嫌われているという状況と感覚に慣れていくことです。

参考になれば幸いです!

おすすめの記事