我が家は東向きのマンションです。

 

メインの空間であるリビングが東にあるのです。

 

私は最初は東向きをあまりよく思っていませんでした。

 

日当たりが大事という思いが強く、日が入る時間が短くなることに特に強い不安を持っていたからです。

 

購入するまで南向きか東向きかものすごく悩みました。

 

色々な事情を天秤にかけた結果、南向きの家はあきらめることになりました。

 

希望は全ては叶えられないと分かってはいたけど…

 

気持ちを割り切るのに時間がかかりました。

 

南向きは譲らない方が良かったのではないか?

 

最後まで後悔していたぐらいです。

 

だけど今、住んでみて東向きの家のいいところも分かり、デメリットも含めて満足しています。




東向きマンション。気に入っているところ。

朝日がきれい

一番の理由は朝日がきれいなところです。

 

我が家は階数が高めでリビングの窓からの景色が割とひらけており、空がよく見えます。

 

朝リビングに行くと空がブルーとオレンジのグラデーションを織りなしていることがあります。

 

だんだん空が明るくなり、光が差しこんできて、朝日が昇る。

 

この様子が本当にきれいです。

 

今までは朝日が昇る頃の空の変化をあまり見たことがありませんでした。

 

この様子を知れてよかったと思うと同時に、この家でなければ見れなかったと思うと選んでよかったなと思います。

 

早起きするのが楽しみになりました。

リビングと反対側の部屋にも陽が入る

マンションだとリビングと反対側に部屋があることが多いのではないでしょうか。

 

リビングが東向きだと、反対側の部屋は西向きになります。

 

北向きの部屋がなくなるので全部の部屋に陽が入る時間が出来ます。

 

午後、西側の部屋に陽が降り注ぐのを見るのもいいものです。

 

朝はリビングから朝日が見え、午後夕方はリビングと反対側の部屋から日が落ちていく様子が見られる。

 

1日の太陽の動きを感じられていい感じです。

ローン返済額を比較的おさえられた

東向きの家は、南向きの家より価格がすこし抑えめでした。

 

そのためローン返済額が多少少なくすみました。

 

私はローン返済をけっこう負担に感じてしまうタイプ。

 

ローン返済が不安になる度に東向きで価格をおさえられたぞと思って心を落ち着かせています。

東向きのマンション。気になるところ。

陽が差し込む時間が短い

部屋の中に陽が差し込むのは午前中までです。

 

冬はさらにその時間が早まります。

 

そして午後は部屋が少し暗くなります。

 

これはやっぱりちょっと寂しいですね。

 

陽を感じたい時は西側の部屋に行ってくつろいだり、外出する対策をとっています。

 

家にいる時は、陽が入らないことを逆手にとってレースカーテンを全て開けたりしています。

 

カーテンがないだけで明るさの感じ方がアップするのです。

 

でも、思っていたほど暗くはならないなぁというのが感想です。

 

南向きの部屋よりはたしかに暗いですが、外が明るいのである程度は部屋も明るいのです。

洗濯物が乾かないのでは?という点はわりと大丈夫でした。

 

夏はほぼ乾きます。

 

冬は乾ききらないこともありますが、そんなに気になるほどではありませんでした。

 

朝早めに干したり、部屋干しをしたりして、工夫しながら乗り切れています。

陽が部屋に深く入り込む

太陽の位置が低い時は、部屋の奥の方まで陽が入りこんできます。

 

フローリングや壁紙など広い範囲で日焼けが気になるところです。

 

夏は太陽光が強いので特に心配。

 

遮光性の高いレースカーテンを付けることで対策しています。





陽当たり以外で大事だと思ったこと

実際に東向きマンションに住んでみて、陽当たり以外で大事だと思ったことがいくつかありました。

窓からの景色

今の家は見晴らしが割と良いのです。

 

家探し中は見晴らしのことは実はあまり気にしていませんでした。

 

今までのアパートも隣家しか見えなかったので気にしていなかったのです。

 

見晴らしがいいならラッキーだけど、そんなに気にしなくてもいいよねぐらいの気持ちでした。

 

 

でも住んでみたら、窓から見える景色に癒されている自分がいました。

 

リビングの中から空を見ているだけで落ち着くこともあります。

 

意外でした。

 

窓からの景色にこだわってもよかったのかもと思いました。

リビングの窓の大きさ

我が家のリビングの窓は割と広めにとられています。

 

東側全面ではないですが、東側の7割ぐらいが窓です。

 

窓が広い分外の明るさが部屋に入ってきます。

 

そのため部屋に直接陽が入らなくても明るく感じられているのではと思いました。

 

窓の大きさ。

 

これは割と大事な要素だったのではと思います。

ベランダの手すり部分が光が透過する素材かどうか

以前住んでいたアパートはベランダの手すりはコンクリートでした。

 

コンクリート部分は光を遮るので、部屋に入る日差しはその分少なくなっていたんです。

 

ベランダも、低い位置に関しては陽が入らず陰になってしまってました。

 

今の家のベランダ手すりは光を通す素材です。

 

家探し中は手すりの素材なんて気にしていませんでしたが、こちらもリビング内の明るさにけっこう影響しているなと思いました。

まとめ。東向きマンションに満足しています。

住む前は、やっぱり南向きを選べばよかったと後悔して泣いていたぐらいでした笑

 

だけど住んでみたら東向きのいいところが分かり、今は割と気に入っています。

 

この家にして良かったなと思えています。

 

人間わからないものですね笑

 

ただ南向きが恋しくなることはたまにあります。

 

もし今後家を買い替えることになったらどうするだろう?

 

色んな要素があるので一概には言えないですので、その時はその時でまた検討します。

 

東向きも候補にいれると思います!

 

この記事は東向き南向きどちらがよいかとするものではなく、東向きマンションに住んでみて感じる一つの感想として読んでいただければ幸いです。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。





おすすめの記事