ファッション費が計画的に使えないことが悩みです。

 

気に入った洋服を見つけると、予算を超えていても、どうしてもほしくなってしまいます。

 

さらに、着まわせなかったり、似たようなものばかり購入するという失敗もよくします。

 

 

着回しができる洋服を買いたい。計画的にお金を使っていきたい。と常日頃思っています。

 

 

そこで、手持ちの服を把握するため、「見える化」をすることにしました。

「見える化」して、客観的になる。

ただ写真を撮って、PCに保存するという方法です。

 

ファイル名は、とりあえず各洋服のカテゴリーにしました。

 

PCのフォルダの画像を見ていると、客観的になれました。

着回しできるよう、購入前に検討しよう。

新しい洋服を買う時は、見える化した画像をいったん見ようと思います。

 

コーディネート可能数が少なかったら、その洋服の購入はいったん考える。

 

封筒貯金の方法に加え、衝動買いを抑えるためのステップになってくれそうです。

似た服を買わないよう、チェックする

色もかたちも似ているアイテムが複数あることに気付きました。

色が同じなら、かたちを変える、

 

かたちが同じなら、色を変える

今度からこんな対策をとろうと思います。

 

紺、ベージュなど無難な色が多いので、明るい色を意識して購入していきたい。

 

コーディネートの幅も広がるかな。

計画的に洋服を買うため、がんばっていきたい。

今回の見える化が、効果的に働くといいなと思っています。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。





おすすめの記事