シンプルで、持たない暮らしを実践しています

 

ミニマリストにはなれないのですが、ものはだいぶ減りました。

 

でも、実は、捨てて後悔しているものもいくつかあるんです。

 

今回は、捨てて後悔したものをまとめました。




今では買えない、高い洋服や靴

若かりし時、まだ貯金の重要性を分かっていなかった頃、自分の欲望のままに洋服を買っていたことがありました。

 

中には、2~3万円ほどする、質のいい洋服や靴もあったんです。

 

 

ミニマリストの考えに感化され、部屋の中を一斉に整理した時のこと。

 

質のいい服でも、その時あまり着ていなかった服は、捨てたり売ったりしました。

 

 

当時はもう着ないと思ったけど、今思い出してまた着たいなと思うことがあります。

(自分でも驚きです)

 

時がたつと、心は変化しますね笑

 

あの時は、捨てる基準がまだ確立されたばかりで、時が経つとこの基準が変化していくことを想定していなかったのです。

 

 

質の良い洋服は、今はなかなか買えない…

 

そう思うと、とっておけば良かったなと思うことがあります。

 

展示で購入した画集

同じく若かりし頃、私は美術館に行くことが大好きで、よく出かけていました。

建築・インテリアを学んでいたこともあり、建築系、インテリア系はもちろん、現代アート、スタンダードな絵画なども好きでした。

 

その時に、よく、画集を購入していたんですよね。

 

 

3000~5000円していましたから、当時の私には割と高価でした。

 

でも、クリエイティブな職種に就きたかったので、色々見ることが勉強だと思い惜しまず買っていたんです。

その後、夢は叶えられず、あきらめることになってしまいました。

 

そんなことがあったため、画集を見るのもつらくなり、ある時ふと「持っていても仕方ないな」と思ってしまったんです。

 

誰か必要な人に手に渡るといい、と思い、アート系に強い古本屋さんで、売り払ってしまいました。

 

数年経った今、夢破れた自分に、前より向き合えるようになってきました。

 

すると「私はやっぱり、クリエイティブなものが好きだな」と改めて思うようになり、時々、あの画集のあの絵が見たいなと思うことが出てくるようになったんです。

 

でも今は手元にない。。。

 

そしてその画集は、企画展の画集だったので、今はもう買えません😭

 

ああ、なぜ捨ててしまったのか。。

 

後悔しています。。

日記的なもの

日記まではいかなくても、出来事や、気になることを書き留めたノートがいくつかありました。

 

主に中学生~大学生、社会人はじめぐらいまでに書き留めていました。

一人暮らしを始める際、過去を振り返ってはいけない!と思って、捨ててしまいました。

 

今思うと、その時にしか書けない記録のような存在でした。

 

記憶は薄れ、忘れていくので、もう2度と書けない。

 

中には恥ずかしいことも書いてあったので、いずれ捨てていたとは思いますが、もう少し持っていたかったな、と思います。

 

また、捨てるなら、せめてスキャンしてデータ化してからにすればよかったな、と思います。

 

 

今、あれこれ書き留めている手帳がありますが、こちらについては、捨てない、または、データ化することを検討しようと思います。

捨てる基準は、自分目線でゆっくり確立する。

1年使っていなかったら捨てる、というような基準が本に書いてあることがあります。

 

ですが、自分にとってその期間や基準が適切かはやってみないと分かりません。

 

 

そのため、捨てる基準は、

自分目線で、ゆっくり確立する。

ことが重要だと思っています。

 

 

上記の苦い経験から、私の中では、

・質のいいもの

・もう買えないもの
・自分の記録的な存在

に関しては、すぐに捨てず、少し寝かせておこうという基準になりました。

手放すタイミングはメンタルが落ち着いている時に。

また、手放す時は、

・自分のメンタルが、安定しているかどうか。

・何かショッキングな出来事で心が揺れていないか。

を考えてみることも重要だと感じています。

 

 

今は心が安定していない、揺れていると思ったら、捨てない方がいいと思います。

 

私の場合、特に画集に関しては、自分の心が落ち込んでいた時期であったなと今なら思います。

 

捨てようと思った時期がクリエイティブな職につけなかったという出来事が受け入れられず、ショックを受けている最中でした。

 

 

冷静ではない時に判断すること、危険です!

 

避けた方が無難だと思います。

もう、捨てることで後悔はしたくない。

捨ててしまって、今も胸が痛い時があります笑

 

前を向かなくては、と思っているんですけどね。

 

だから、もう後悔したくない。

 

そのために、

自分目線で確立した基準で、捨てる。

メンタルが落ち着いている時に、捨てる。

これを気を付けていきたいと思っています。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。





おすすめの記事