落ち込んだら、座右の銘としても使える言葉「人間万事塞翁が馬」で、心を落ち着ける

小さなことで一喜一憂しやすい

すぐ落ち込んでしまう

と感じている方、

「人間万事塞翁が馬」の考え方を取り入れてみると、

考え方が変わるかもしれません。

 

私自身が、

人間関係では

「あの言葉は大丈夫だっただろうか」

とか

「嫌われてしまったかな」と

すぐ不安になったり、

会社やプライぺーとでの出来事のひとつひとつに、

凹みがちなんです。

 

そんな中、偶然

iPS細胞研究所所長 山中伸弥教授が、

近畿大学で行ったスピーチの動画を見ました。

 

結果から申し上げますと、

このスピーチに大変心動かされ、

「人間万事塞翁が馬」の考えを持って

どっしり構えよう!と思ったんです。

「人間万事塞翁が馬」ってどんな意味?

人間万事塞翁が馬は、

中国の古い思想書に書かれた漢文の寓話が由来。

 

昔、塞(とりで)付近に住むおじいさんいました。

ある日おじいさんの飼っていた馬が、

逃げ出してしまいました。

周りの人は「気の毒に・・」と慰めましたが、

おじいさんは

「いえ、きっと幸いがやってくるのでしょう」

と言います。

 

しばらくすると、その馬が

もっといい馬と一緒になって帰ってきました。

 

周りの人は「よかったですね!」と声をかけますが、

おじいさんは

「いえ、きっと何か不幸なことが起こるでしょう」

と言います。

 

しばらくすると、おじいさんの息子さんが

落馬して足に大けがをしてしまいます。

周りの人は「不幸でしたね・・」と声をかけますが、

おじいさんは

「これはきっといいことの前触れでしょう」

と言います。

 

しばらくすると、戦争がはじまり、

町の若い人たちが次々に戦争へと赴くことになりました。

ですが、おじいさんの息子さんは

足にけがをしていたため、

戦争に行かず生き延びることができたのです。

 

こんな話が、元になっています。

 

長い人生では楽しい事や嬉しい事もあれば、

辛い事や悲しい事もあるけれども、

何が幸福で何が不幸かは

直ぐに決まるものではない。

 

辛いことが、後になったら

いいことになるかもしれない。

逆に、いいと思っていたのに、

不幸の元になってしまう可能性もある。

 

つまり、

すぐに決めつける必要はない。

一喜一憂することなく人生に対処する。

その出来事から一歩離れて俯瞰する。

ということなんですよね。。
こういう視点をもって、人生を進んでいきたい。

山中伸弥教授のスピーチで、より心に染みる・・・

山中伸弥教授のスピーチでは、

最初に、ことわざの詳細の説明をしてくれ、

後からこのことわざにならって

ご自身の人生について、話してくれています。

 

大学の卒業という節目に、

こんな話を山中教授から聞くことができるなんて、

うらやましすぎです…!

 

心を落ち着ける言葉として、胸にとめておこう。

心の落ち着け方、

自分に合ったものをいくつか持っておきたい。

 

「人間万事塞翁が馬」を、

その一つに加えて、がんばっていこうと思います。

 

日々つらいと、苦しいこともありますが、

心を落ち着けて、進んでいきたいです。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事