気に入って10年ほど使っていた革のバッグがあります。

 

私の通勤の良き相棒で、ほつれ直しを何度も行って、使っていました。

 

相棒のバッグを、処分することにしました。

その革のバッグ、この度処分することにしました。

 

内側の布が、色が褪せた上に、破れてボロボロになってしまったからです。

 

一応、直せるかどうか修理店に相談したところ、内側の布を変えるのに全解体が必要になるとのこと。

 

その修理価格は3万円以上でした。

 

一瞬修理でお願いしようか迷いましたが、ここまで使用したからもういいかと思い直し、処分を決意しました。

 

 

購入した時私は20代で「このバッグをできるだけ長く使う!」と思っていました。ついに来たかこの時が…

 

思い入れが深すぎて、捨てるのがつらいのです。

私は、ものを捨てるのが苦手。

今は、なるべく持たない暮らしを実践している身ですが、その背景には、多数の失敗の経験があります。

 

 

20代の頃、服やものを、たくさん捨てました。

 

購入する時はどれも必要だと思って購入しました。

 

でも結局不要だったということは、自分の買い物の仕方が間違っていたんだと思い知りました。

 

しかもそれらを捨てるのには、かなりの労力が必要で、それと同時にものすごく心が痛んだんです。

 

 

その時はじめて気づきました。

 

私は、ものを捨てるのが苦手なんだと。

 

 

持たない暮らしをしている人は捨てるのも上手、というようなイメージがありますが、私のようなやつもいるんです。

持たない暮らしのメリット再確認できました。

最近ではものをなるべく減らしているので、捨てる機会も少なくなってきました。

 

ものが少ないということは、つまり捨てる候補自体が少なくなるので、捨てる回数が少なく済むんですよね。

 

捨てる負担が少ないという側面から見ても、私には持たない暮らしが合っているなとあらためて感じます。

 

 

今回は、私にとって、数少ないものを捨てるタイミング。

 

捨てる時の心の痛さを、久々に心に刻もうと思います。

 

同時に自分のファッション観も更新。

余談ですが、20代から30代になり、ファッション観が変わってきました。

 

20代では、長く使えるようにいいものを購入しよう、と思っていました。

 

30代では、長く使うつもりでいいものを買っても、いつかは寿命が来るのだな(それがわりと早いこともある)ということです。

 

 

それならば、ファッションアイテムは、消耗品と捉える方がいいのかな…と最近よく思います。

 

確信まではいかないですが、そう思って選んだ方が、捨てる際の心のダメージは少なくすみそうです。

 

 

そしてファッションを消耗品と捉えるなら、ファッションにそこまでお金をかける必要もないのでは……

 

いやいや、だけどいいものを使っている時の充足感は、プライスレス!

 

 

このプライスレス感と、価格と、いずれ捨てる運命だ、というところのバランスをどうとっていくか。

 

このあたりで自分の考えは今はぐるぐるしています。

 

 

バッグを捨てるにあたり、なるべく持たない暮らしのメリットを改めて感じるとともに、自分のファッション観をまた更新させたのでありました。

 

私のファッション観はまだまだ深まる伸びしろがありそう。

 

さよなら、バッグ。

おすすめの記事